クローズドネットワークからの改修!安全で強固なセキュリティを!

2015年05月12日 導入事例

本日は弊社と長いお付き合いをさせて頂いている、福生市の動物病院様へ納品&機器設置でお邪魔してきました!
作業内容としては、院内ネットワーク環境の見直しとセキュリティ強化です♪

こちらのお客様の院内ネットワークは弊社にて施工・保守させて頂き、長年運用いただいていました。
今までの仕様はセキュリティーや運用ツールの関係で2系統のネットワークが独立して存在していました。
一つは通常のインターネットがつながるグローバルネットワーク、そしてもう一つは院内だけのクローズドネットワークです。
クローズドネットワークは、今まで運用していた患者情報管理ツールがその環境が推奨だったので設けていました。
その理由の一つに、一昔前は【顧客に関する情報はクローズドネットワークの方が安全だから良い】という認識が一般的だったのに由来します。

クローズドネットワークとは文字通り、外部(インターネット)とはつながっていない閉鎖的なネットワークです。
それゆえに外部から不正に侵入されることがなく、安全が約束される!ということが一般的ではありました。
(実際、それを好むお客様もいることはいます)
しかし、それは本当に安全なのでしょうか?
閉鎖的にネットワークを設けたとしても、USBメモリやCD-ROM等でデータを外部から持ち込むことがあるかと思います。

そしてその持ち込まれるデータに最新のウイルスが含まれていたら…
間違いなく、ネットワーク内で即感染し、アウトでしょう。
理由は日々進化するウイルスに対するタフネスを持った、最新のウイルス対策にはインターネットを使用したアップデート(更新)が必要だからです。
・・・納品からだいぶ話が遠く?なりました(^-^;
このたびは運用している患者情報管理ツールがネットワークに接続し、情報の更新や管理を行う必要が出てきましたのでネットワーク環境の見直しを行いました。
具体的には長年愛用いただいたクローズド⇔グローバルで分けていたネットワーク環境を統合し、再構築する形です。
もちろん、セキュリティー面は今まで以上に強固なものにしなければなりませんので・・・

UTM:統合脅威管理(サクサ製SS3000)を導入しました!
また、ネットワーク環境の最適化を行うなかでルーターも新調させていただきました↓

YAMAHA製高性能ルーター:RTX-1210も設置です!
設定はちょっと複雑ですが、この機種の導入は安定度・セキュリティーともに抜群です(^^)
設定については弊社ネットワークのプロフェッショナルがキッチリと行いますのでご安心を♪

※怪しく見えますが、設置場所が暗いのでそう見るだけです。
UTM・ルーターともに小一時間かからずに設置・設定が完了です。

導入後は全パソコンがネットワークに接続され、UTMがきちんと動作していることを確認し、無事納品・設置完了となりました。
これからはUTMの定期レポート(不正侵入・外部からの攻撃に対する動作状況報告)をまとめ、運用サポートさせていただきます(^^)
このたびはご依頼いただきまして、ありがとうございました!
さんぺ~
>>UTM(統合脅威管理)の詳細についてはこちら
>>設置機種(UTM:SS3000)の詳細はこちら

Copyright © syshan.jp all rights reserved.