インターネットにつながらない⁉

2020年05月21日 社員のつぶやき

最近インターネットが繋がらない・・・どうしたら良いか・・・

という問い合わせが多くなってきていますね。

有線接続の場合はLANケーブルの断線や接触不良、ルーターやHUBの不具合、インターネットが繋がらないと言っても環境や使用状況によって多くの要因が考えられます。

最近はWindows10が増えてきている事もあり、アップグレード後にインターネットに繋がらないという事例が増えてきているようです

インターネットプロトコル IPv4 と IPv6 という言葉を聞いた事がある人も多いと思います。

インターネットに接続するためには、デスクトップパソコンノートパソコンiphoneandroidスマートフォンも、必ずIPv4アドレス(例:192.168.XXX.XXX)を割り当ててもらうことが必要です。

しかも、このIPアドレスは数に限りがあり、その数は約43億個。めちゃくちゃあるじゃないか!と思われるかもしれませんが、既に、IPv4アドレスが枯渇しそうです!との報道がされているのです。

最近は特にアジア地域でIPv4アドレスの利用が増えているため、全世界でIPv4アドレスを管理する団体IANAで、IPv4の在庫がなくなってしまいました。という件がニュースになったわけです。

では、今後どうなるのか?

これからはIPv4アドレスを上手く使いまわしながらIPv6アドレスという新しい技術に移行していくことになります。新しいIPv6アドレスで使えるIPアドレスの数はなんと約2の128乗個!約340兆の1兆倍の1兆倍です。す、すごい数ですね。ちなみに、現在使われているIPv4アドレスは引き続き使えるのでご心配はいりません。

Windows10は基本的にIPv6でインターネット接続をしようとします。

IPv6で接続するためには、インターネットを提供しているプロバイダーはもちろん、ルーターやHUB、サーバ、環境設備全てがIPv6に対応している事が条件になります。

しかし、ほとんどの企業がIPv6への切り替えをしておらず、ネットワーク機器の買い替えや設定変更が必要なことをご存知無いようです。

つまり、IPv6が繋がらない状況下でWindows10だけが先走ってIPv6で繋げようとするので、インターネットが繋がらなくなってしまったということです。

ですので、IPv6の設定を解除してあげればIPv4でインターネットに接続するので正常に戻るはずです。

インターネットが不安定・・・ たまに遅くなる・・・

おかしいな?っと思ったらお気軽にご相談下さい。

不具合の原因追及から快適な環境構築まで全力でサポートさせていただきます!!

Copyright © syshan.jp all rights reserved.