Catalina登場

2019年06月06日 お知らせ

Appleは6月4日、カリフォルニア州サンノゼで開催中の年次開発者会議「Worldwide Developers Conference」(WWDC)で、新mac OS「macOS Catalina」を発表。

macOS Catalinaでは、iPadをサブディスプレイとして使用できるSidecar機能を搭載。iPadは画面表示のみならず、入力用タブレットとしても使用できる。

また、Siriの技術を活用し、MacやiPhoneなどを音声によって制御することも可能となる。音声認識はデバイス内で完結しており、クラウドには音声データを送信しない。

また、Find My iPhone機能やFind My Friend機能を活用した、Find My機能を搭載。Bluetoothにより情報を付近のAppleデバイスを経由して送信することで、ネットワークに接続されていない端末も探すことができる。端末の情報は、暗号化および匿名化している。また、遠隔ロック機能を搭載し、紛失時のセキュリティ保持にも対応する。

さらに、iOS端末が搭載するスクリーンタイム機能を新たに追加。Mac端末でも、端末の使用状況の確認や、使用制限の設定ができるようになる。

開発者向け機能としては、Project Catalystを展開。Xcodeフォーマットによる一つのコードから、iOS用とMac用、それぞれのアプリを簡単に制作できる。この機能は、6月4日より開発者に公開する。

 

Catalinaがリリースされて

Mojave、High Sierra、Sierra、El Capitanとなり

El Capitanをお使いのmacユーザーの方もWindows7お使いの方も

そろそろPC買い換えませんか?

当時のハイエンドでも現在のPCと比べるとロースペックと感じてしまうかも…

macに関してはサポート終了日は非公開のようですが、重大脆弱性への対応から、現行2つ前のバージョンまでをサポート対象内としているように見えるため、上の表でもそのように扱います。とはいえ、ポイントリリースが行われるのは現行バージョンだけであり、1つ前、2つ前のバージョンには特に重大なセキュリティフィックスのみが行われる、といった感じと思われます。

Copyright © syshan.jp all rights reserved.