苦労したNASの入れ替え

2018年04月03日 仕事のこだわり

小金井市のハウスメーカー様のNASが使用率90%となり空き容量に余裕が無くなったため今回メインとバックアップ系セットで入れ替えさせていただきました。

当初はNASのゴミ箱機能や増分バックアップで運用を行ってきましたが、ここ1年間で急激に使用量が増え余裕が無くなってきたのでゴミ箱機能は無効にし差分バックアップに切り替えたり、フォルダツリーの使用率グラフで極端に多いフォルダの不要なファイルの削除をお客様にお願いしたりと色々対応しましたが限界なので倍の容量のNASに入れ替えることになりました。

 

今までも他のお客様のNASの入れ替えは行っていましたがここまで大量のデータは初めてでした。。。。。

 

 

通常の移行作業手順としてデータのコピーを旧NASから新NASへ行いましたが、コピーが推定で3~4日かかる見込みでお客様よりCADソフトの立ち上がりが異常に時間がかかるとの連絡があり日中の現地でのコピーは諦めました。

 

 

そこでバックアップ系のNASを一旦預かって弊社内で新しいNASへコピーすることにしてコピー完了後にお客様先にバックアップ系として設置し深夜1時から再度差分バックアップを行い新旧同じ状態にしてから新しいNASのリネームを行って切り替えを行いました。

念のために旧メインのNASもリネームしバックアップ系として生かして新バックアップ系NASの準備ができるまでバックアップは行える状態にしました。

新バックアップ系NASも同様に弊社内でコピーを行い同じ状態にしてお客様先に設置し作業は完了しました。

夜間のリモート作業だったので朝から問題無く動作するかヒヤヒヤものでしたが問題無く移行できたようです。

それにしても今回は精神的にも肉体的にも疲れました。ヘロヘロです。でもやり抜く気分は最高です。

これぞ日本一のアフターサポートを目指すスペシャルサポート集団の成せる業ではないでしょうか。自画自賛w

これで以後も問題無く使用できるでしょう!!

 

Copyright © syshan.jp all rights reserved.