チョコのお返しは“白い”お菓子??

2018年03月07日 社員のつぶやき

皆さまお久しぶりです♪

3月に入るとちょっとだけ春が近づいてきた感がありますが、いかがお過ごしですか?

さて、先月はバレンタインdayについて色々書きましたが、それから1ヵ月経つと言うと…

そろそろやってまいります! 日本独自のイベント=ホワイトday!!

 

今回はこのお返しイベントについて少々まめ知識をo(^_^)o-★

先日の記事でも書きましたが、バレンタインday自体は海外から伝わったイベントなのに対し、

ホワイトdayは完全に日本オリジナルのイベント。

「3/14」の日付については、バレンタインdayの起源になった聖バレンタイン司教(結婚禁止令にそむいた恋人を密かに結婚させたために殉死)の殉死から一月後の3月14日に、

恋人たちが改めて永遠の愛を誓った、というエピソードが基になっていると言われているようですが、

基本的にはバレンタイン同様、お菓子業界が販促のために展開したものがうまく定着した、

という感じのようです~(^_^;)

由来には諸説あるようですが、中でも1978年に全国飴菓子工業組合が、

キャンディーをお返しする日」と決めた節は割と有力なよう。

また、同年に老舗菓子屋・石村萬盛堂が、お返しとしてマシュマロを贈る提案し「マシュマロデイ」

として売り出したのが由来、とする説も存在。

もしくは1973年に、不二家とエイワが「お返しにマシュマロキャンディーホワイトチョコ等、縁起の良い色=白基調のお菓子を」というキャンペーンを張ったのが発祥とする説も。

 

 

 

 

 

今やすっかり定着したホワイトday

いずれも1970年代の動きということで実はかなり新しいイベントなんですね!

ナルホド、近頃はお菓子自体も多様化したせいか、今では特にキャンディーマシュマロばかり目につく訳ではない気がしますが、

小学生の頃、クラスの男子がくれたお返しはキャンディーとかホワイトチョコ系が多かった気がする!

個人的に、チョコはチョコ色していないと嫌だし、好き度合いが飴<チョコだから、

正直ちょっと微妙だった当時。笑

最近ホワイトdayギフトも普通にチョコ売っていたり、あまり“白”に特化していない気がします♪

 

最後に、こんなデータを挙げて今回のホワイトdayプチ情報を終わります↓↓

ほほぅ……

“本命”はさておき、“義理”に対してさえ1位が「いらない」なのはちょっぴり意外!!

とは言え、やっぱり少しはお返ししたくなるのが人情、って気もしますね♪

さて、私もそろそろ準備しに行かなくちゃです!

★★★M*H~今年のホワイトdayも、もらったりあげたり・・・両方です!~★★★

Copyright © syshan.jp all rights reserved.