WINDOWS10のお話

2016年02月08日 仕事のこだわり

 
弊社では企業向けPCを主に販売している関係上、互換性を重視しお客様で特に希望が無い限りwindows7で納品しています。

ただし年内にはWindows10で納品となる世間的な流れのようです。
現在社内のPCで特に重大な影響が無いPCをアップグレードして状況を確認中です。

同じメーカーでも機種が違えばアップグレード後何もしなくても問題無く使用できるものがあれば
一部のドライバーをアップグレード後にアップデートしなくてはならない場合など様々です。
場合によってはファームウェアのアップデートが必要な場合があり一つ間違うとお釈迦というギリギリの機種すら存在します。

現状言えることは無理にアップグレードしてWindows10で使うより現在のOSで使い続けた方が無難という結論です。
Windows10は最初から入っていて動作確認が十分取られている機種をおすすめします。

Copyright © syshan.jp all rights reserved.