CD、DVDの意外と間違った取り扱い!?

2015年04月02日 社員のつぶやき

お子さんの入学式、卒業式、運動会等で大活躍のハンディビデオ。

今は内蔵ハードディスクやSDカードに録画して、大容量になってとっても便利!

しかしそのデータの保存はどうしてますか?

パソコン、もしくはブルーレイに入れたりしますが、それにも容量の限界があり、

どんどん貯まる映像に頭をかかえているのは、私だけでは無いと思います。

会社の写真のプロに聞いたところ、外付けハードディスクに保存したらとのご意見を頂きました。

DVDは?との答えは、画質も落ちるし、劣化もするとのことでした。

外付けハードディスクも一生物ではないそうですが…。

でそんな話をしていたときにDVDの話になり、私がキラキラ面を上にして置いたら、

この置き方ではデータがすぐに壊れますよと言われ、DVDの構造の話になりました。

これを見ると、データはキラキラ面の裏=文字やシールなどを貼る面のすぐ下に

あることになります。

文字を書き込む時などにキズを付けてしまったら、もうデータはキズ物になってしまいます。

キラキラ面は多少のキズを付けても回復できるけれど、表と言われる面は修復不可だそうです。

この話を聞いてすぐに子供にDVD、CDの置き方を教えました。

みなさんも気を付けて下さい。

事務おばさまの知恵袋でした。

Copyright © syshan.jp all rights reserved.