ノートパソコンをモニターとして使う

2020年12月01日 仕事のこだわり

防犯カメラの設置時に必要になってくるのがモニター用のディスプレイですが、設置場所の関係でレコーダのみの設置とならざるを得ない場合もよくあります。

そのような環境でレコーダの設定やカメラの位置調整が必要な時はやはりディスプレイが必要で設置工事時やメンテナンス時に持ち運ぶ必要がありました。

ノートPCは常に持ち歩いていますが液晶ディスプレイが付属しているのにモニター出力しか無いのでモニターとしては使えません。

何とか方法は無いものかと調べましたらありました!

HDMIキャプチャを使う方法で安価に済ませることができそうです。
但し録画をするにはかなりのスペックが無いと画像や音トビするという説明書きがありましたがそもそも録画は必要無いので安価なもので試してみました。

PC側はUSB2.0で接続し小型の変換ユニットのHDMI入力としてレコーダのHDMI出力を接続する形です。

でどうやってPCから観るのかいうとカメラとして認識するようでwin10のカメラアプリで表示されました。

思ったよりもラグも少なく決して綺麗とは言えませんが防犯カメラの表示確認には十分な感じです。

必要は発明の母と申しますが何でも調べてみるものですね。
発明ではありませんが。

Copyright © syshan.jp all rights reserved.