RICOH PJ WUL5970 プロジェクター・スクリーン VMR-WX120 設置完了!

2020年11月09日 導入事例

 

画像:斜め右前

機能一覧

スムーズな使用

画像:MHL®規格対応

MHL®規格対応

スマートフォンやタブレットなどのMHL®対応機器の画面を投影できます。

画像:テストパターン表示

テストパターン表示

撮影映像の位置、サイズや映り具合を、プロジェクター単独で確認できます。

画像:クイック電源ON

クイック電源ON

電源ボタンを押さなくてもプロジェクターに信号が入れば、ランプが自動的に点灯して投影を開始します。

画像:自動入力検索

自動入力検索

「入」を選択すると、電源ON時に映像信号が入力されている入力に切り替えて投影します。

WUL5970のみ

4Kピクセルシフト技術により、4K UHD解像度を実現

投写光を4ヶ所で周回させる、4Kピクセルシフト技術を実装することにより、パネルの解像度はフルHD(1,920×1,080)でありながら、1画素を4つの疑似画素に分割して4K UHD(3,840×2,160)解像度の投影を可能としました。またHDR(High Dynamic Range)入力にも対応し、明暗差を拡大したHDR対応の映像を、より効果的に表現します。

画像:大画面で投影しても、図面やデザインの細部まで表現

 

Copyright © syshan.jp all rights reserved.