『Excel』 VBAでちょっと便利!?(その13)

2019年02月28日 仕事のこだわり

Excelでのプログラミング13回目です。

セルのプロパティについての3回目の今回は、
「ColumnWidth」についてです。

■セル(Rangeオブジェクト)のプロパティ一覧(よく使われるものを抜粋)

◇ ColumnWidth ◇
ColumnWidthはセルの列幅を取得したり、設定するプロパティです。
列の幅は既定のフォントの半角1文字分=1として設定されます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~
Dim HABA as Double
HABA = Columns(2).ColumnWidth
~~~~~~~~~~~~~~~~~
Doubleは小数点を含む数値を表す型です。
2行目で「HABA」という変数に2列目の列幅が代入されます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~
Columns(2).ColumnWidth = 3
あるいは
Cells(2,2) .ColumnWidth = 3
~~~~~~~~~~~~~~~~~
2列目の列幅を3に設定します。
※Columns(2)で列[2]を指定しても、Cells(2,2)で2列目のセルを指定しても同じです。

実行結果です。

※列の幅は既定のフォントの半角1文字分=1として設定されるということを忘れないでください。
変更していない場合のオプションで設定されている既定のフォントは「MS P ゴシック 11ポイント」です。

次回は、セルのプロパティ4回目です。

Copyright © syshan.jp all rights reserved.