Windowsセキュリティシステムが破損しています

2019年01月31日 お知らせ

問い合わせで最近多いのがネットで調べ物をしていると突然「Windowsセキュリティシステムが破損しています」との表示がいきなり表示されてカウントダウンが始まりウィンドウを閉じようとしても閉じられないという状況となったのでどうすればいいかとの話です。

調べると表示された時点でタスクマネージャを開いて使用しているブラウザを終了させれば問題無いとの解決方法が書かれていますが、昨年今年を通じて広告を表示制御している業者で意図的かチェックが漏れているのか知りませんがこのような悪質な広告(?)を表示させているようです。

この表示自体はウィルスとかでは無いらしく現状のセキュリティソフトやUTMでは阻止できないようで、その後の不正プログラムをダウンロードされる段階で初めて反応するといった後手々の対応してできないようです。

お客様にタスクマネージャを出して使用していたブラウザを確認してプログラムを終了させてもらう一連の手順を理解してもらうのは大変で、結局電源ボタン長押しで強制的にPCの電源を切ってもらって起動し直してもらうのが一番手っ取り早かったりします。

そこで現状効果を期待できるのは広告自体を拒否する方法で各ブラウザ用のadblockを導入するのが一番の自衛策となります。

但し広告でサイトの運営費を補っているようなところは正常に表示させなかったりadblock自体を検知してadblockを外してから閲覧してくださいとのメッセージを出して閲覧をストップさせたりしますのでその場合はadblockをそのサイトのみ解除する必要があります。

真っ当な広告業者ならサイトを見てもらえなくなるより悪質な広告を表示させないようにチェックするべきでできなければ死活問題に直結するような重大な問題だと思うのですがね。

 

Copyright © syshan.jp all rights reserved.