RISOGRAPH SF635納品完了♪

2019年02月28日 導入事例

                            

一般的に輪転機と言われる形式のデジタル印刷機の新型RISOGRAPH SF635 埼玉県の教育機関様へ新設導入です。

生産性/経済性 高速プリントと低コストを両立

最高150枚/分*1の高速プリントで、大量印刷を効率よく

A4はもちろん、A3も毎分最高150枚*1の高速プリントが可能。わずか5分間で約750枚、1,000枚の印刷物なら約6分40秒で完了します。効率よくプリントを行えるので、大量印刷の作業時間を短縮できます。

5分間でのプリント可能枚数比較*2 モノクロレーザープリンター 約100枚 モノクロコピー機 約200枚 リソグラフSF 5分間で約750枚

  • *1:リソグラフSF935/SF635の場合。ドラム内部の温度が15℃以上の場合。リソグラフSF625/SF525はB4サイズまで。
  • *2:リソグラフSF935/SF635/SF625/SF525(毎分150枚設定時)と、モノクロコピー機(A4毎分40枚)/モノクロレーザープリンター(A4毎分20枚)との比較。

速度優先製版なら約14秒*1

速度優先製版時は、A4横の製版時間が標準製版時よりも約2秒短縮し、わずか約14秒*1
ファーストプリントも高速化を実現します。

速度優先製版時 A4横置き:約14秒*1 標準製版時 A4横置き:約16秒 製版時間約2秒短縮

  • *1:SF935/SF635の場合。SF625/SF525はA4縦置き約18秒。
  • ※紙原稿の読み込みのみ。速度優先版時は、使用できる機能に制限があります。
  • ※速度優先製版時は画像解像度が異なります。

プリント枚数が多いほど低コストになる、優れた経済性

原稿をマスターに製版してプリントする仕組みのため、同一原稿ならばプリント枚数が多いほどプリント単価が安くなり、経済的なコストで多枚数プリントができます。1枚プリントするごとに、カウンター料金がかかることもありません。

リソグラフSF935のプリント枚数と単価の関係 プリント枚数30枚:1.63円、50枚:1.02円 100枚:0.56円 500枚:0.19円 1,000枚:0.15円

  • ※SF935/SF635の場合。A4・画像面積10%、同一原稿プリント時。RISOマスターFタイプAS・RISOインクFタイプ使用の場合。排版インク代含む。用紙代別。

いかがでしょうか。昔の機械と比べてインクの乾くスピードも速くなり使い勝手も進化しております。学習塾や学校では必需品の輪転印刷機ですが、自社チラシのDMポスティング用等の印刷でも威力を発揮します。デモンストレーションも出来ますのでお問合せ下さい。

Copyright © syshan.jp all rights reserved.