熱中症に注意ッッ!!

2018年07月19日 社員のつぶやき

いよいよ夏も本格的になって来ましたね!毎日暑いーーーッッ!!o(+_+)o

実は先日、小学校の先生をしている友人が熱中症でダウンし、

(その日は1時間目からプールの授業もあったらしくて大変だったそう…)

一晩寝れば復活するかと思いきや、翌日も見事に起き上がれなかったとのこと。

それを聞いて、改めて熱中症って怖いッッo(>_<)oと思いました。

みなさまは暑さ対策、大丈夫でしょうか?

 

ここ数年、夏になると必ず聞くようになった“熱中症”

高温の環境が原因となって起こる体調不良や障害を総称した呼び方で、

細かく種類を分けると

 ・熱けいれん
 ・熱疲労
 ・熱失神
 ・熱射病

等に分類されます。

高温多湿の環境下で、皮膚から熱を放散しきれず、体内に熱がこもって体温調節が

スムーズにいかなくなった結果、体温がグングン上昇してしまう機能障害です。

熱中症が危険なのは、自分では「ちょっと体調が悪い」「少し気持ちが悪い」程度……

と思っている間に症状が進んでしまうケースも多いからです。

 

実際、私の友人もそんな感じで「まだいける!」と思って授業を続けていたそうです。

だるさを感じたり、よく生あくびが出たり、軽い頭痛気持ちが悪い等の症状が出たら、

それは熱中症の初期症状と言えるので、この時点で要注意!!

無理をせず、水分をとって涼しい場所で即休憩しましょう!

 

熱中症もこの時点で回復できれば問題ありませんが、

以下のように、重症になると本当に危険です! ↓↓

 

また、熱中症は、真夏の昼間の炎天下特有のものではなく、湿気の高い時期や曇りの日、

また、夜間の屋内でも起こる可能性があります。

私自身も過去に、夏の室内で、クーラーをかけずに夢中で掃除をしていて

気分が悪くなりかけた経験があるのでこれはよくわかります!

「温度が高い」「ムシムシする」「風がない」etc……

体内の熱を体外にうまく放出できず体を冷やせない状況は、常に注意が必要です。

 

そもそも熱中症にならないよう、予防する為には、暑さに負けない体作りが大切です!

重要ポイントとしては。。。

 ・水分摂取はこまめに。できれば喉が渇く前に水分補給を

 ・水分だけでなく、塩分の摂取にも気を配る

 ・エアコンや扇風機を適度に使って睡眠環境を整え、睡眠不足や体調不良を防止

 ・室内の風通しを意識し、気温だけでなく湿度にも注意する

 ・暑さや日差しにさらされる環境で活動をする時、また激しい運動時などは、

  水分持参の上、必ずこまめな休憩をとりながら、無理はしないようにする

最近は、テレビの天気予報でも“熱中症予報”が出されていますよね。

気象協会などのホームページなどでも熱中症の予防情報を見ることができます。

情報をうまく利用して、熱中症を予防し、夏を満喫しましょう♪

★★★M*H~夏は思いっきり暑い方が夏らしくて好きです!!~★★★

Copyright © syshan.jp all rights reserved.