粉が来ます…

2018年03月08日 未分類

暖かい日が多くなってきた今日この頃、春の訪れを感じるようになりました。

でも、うれしい半面やっかいなのが花粉です。

もはや、日本人の4人に1人が花粉症を発症しているといわれます。

すでに飛散が始まっている地域もあるので、花粉対策をしっかり行い、ピーク時に備えたいもの。

では、花粉の飛散ピーク予測について紹介しましょう。

スギ花粉の飛散開始の目安は、1平方センチメートルあたり1個以上のスギ花粉を、2日連続して観測した場合の最初の日となります。

今冬はニュースでも報道されたように、 記録的な寒波による低温や大雪の影響もあり、飛散開始は例年より遅れています。

代表的な都市のスギ花粉飛散ピークは……
・福岡 2月下旬〜3月上旬
・高松 3月上旬〜3月中旬
・広島 3月上旬〜3月中旬
・大阪 3月上旬〜3月中旬
・金沢 3月中旬〜3月下旬
・名古屋 3月上旬〜3月中旬
・東京 3月上旬〜4月上旬
・仙台 3月中旬〜3月下旬

例えば東京であればピーク時が1カ月ほど続くので、予防対策をしっかり行い、花粉症に備えることが大事になります。

花粉が多く飛散するのは、
・晴れて気温の高い日
・空気が乾燥して風が強い日
・雨上がりの次の日や、気温の高い日が2、3日続いた後、になります。
そして飛散数の多い時間帯は、
・昼前後
・夕方 です。

こうした時間帯はとくに、マスクやメガネの着用をおすすめします。マスクを着用するだけで3分の1〜6分の1の花粉をカットし、メガネをすることで、眼に入る花粉の約40%を減らすことができると言われています。

目や鼻はアレルギー反応が出やすい部分なので、スマホやパソコンで目を駆使しすぎたり鼻のかみすぎに注意して、普段より弱っている部分をいたわってあげましょう。

また、花粉がもっとも付着しやすい衣類はウール。コートなどの素材にも気を配り、家に入る前には衣類に付着した花粉を払い落としてから、室内に入るなどの工夫をすると安心ですね。

ねぎや生姜も花粉に良いらしいので色々アレンジして召し上がってみてはいかがでしょうか?

Copyright © syshan.jp all rights reserved.